1. ホーム
  2. 企業情報
  3. コンプライアンス
コンプライアンス

コンプライアンスに関する基本的な取り組み方針

いすゞ自動車グループの一員である「いすゞテクノ」は、企業理念の実現のため「コンプライアンス」即ち、法令遵守はもとより、社会の信頼にこたえる高い道徳、倫理観をもち、全役員、従業員一人ひとりが行動する事、が必要不可欠であると認識しています。

「コンプライアンス」を経営の最重要課題と位置付け、社内外への周知と定着化を図るための基本的な取り組み方針を掲げています。

特に、経営トップは、この方針の率先垂範を自らの重要な役割と認識すると共に、これに反する様な事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決、原因究明にあたり、再発防止ならびに社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行します。

コンプライアンスに関する行動基準

私たちいすゞテクノは、技術・技能・サービスを提供し、確かな物づくりに貢献し、お客様の信頼を獲得することを目標に掲げています。

いすゞテクノのブランドイメージを私たちは、常に正々堂々と行動し、価値ある技術・技能・サービスを提供し、広く社会に貢献する中で、利益を創出していく事です。

コンプライアンスに反してまで利益を得る事はいたしません

日常の活動において、もし判断に迷いが生じた時は、「私たちのやっている事は、本当にいすゞテクノの価値を高める活動に相応しいか」と言う視点に立ち返ります。この活動によりお客様、株主様、お取引先、地域社会との信頼関係が成り立っていくものと信じます。

私たちはこの認識を共有し、何よりもまずコンプライアンスが大前提である事を基本原則とし、「コンプライアンスに関する基本的な取り組み方針」の十分な理解の下で、これを実践するに当たって以下の行動基準に従います。

行動基準

  1. お客様からの信頼

    社会的に有用な技術・技能・サービスを提供することで、確かな物づくりに貢献し、お客様の信頼を獲得します。

  2. 公正かつ健全な行動

    公正かつ自由な競争に基づいた取引を行います。また、行政・政治と健全かつ正常な関係を保つとともに、市民社会の一員として、反社会的勢力および団体とは断固として対決します。

  3. 企業情報の開示

    株主様はもとより、広く社会的にコミュニケーションを行い、企業情報を適時・適切かつ公正に開示します。

  4. 従業員の尊重

    従業員が能力を最大限発揮できるように、人格・個性を尊重し、独自の技術・技能を培い、安全で働きやすい環境を実現します。

  5. 環境保全への貢献

    事業活動を通して、環境保全に取り組むことはもちろん、地球に暮らす市民として、社会や地域の環境保全活動にも積極的に取り組みます。

  6. 社会への貢献

    良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います。

  7. 国際・地域社会との調和

    国や地域の文化、慣習を尊重し、事業活動を通してその発展に貢献します。